目の下が運動不足だとタルミが酷く見える。しっかり運動をさせよう

目元のシワは乾燥や加齢だけが原因だと思っていませんか?

顔にシワがあるだけで老け顔になってしまいますし、シワがあると化粧も上手くのらないのでメイクタイムが憂鬱になってしまいますね。

目元のシワには筋肉の衰えで出来る場合のシワがあります。
原因は加齢による筋肉の衰えですが、加齢ならしょうがない・・・と諦めていませんか?

簡単なエクササイズで解消する事が出来るんです。

目元のシワが出来るのは眼輪筋と言って目の周りの筋肉が衰える事で起きてしまいます。
この筋肉が衰えると、カラスの足跡と言われるシワが出来る以外に、目元のタルミの原因にもなっています。

では、この眼輪筋はどうすれば衰えを防止しシワやタルミを無くせるのでしょうか?

目をパッチリ開けた時に、おでこにシワが出来る方
これは瞼の筋肉で目を開けているのではなく、おでこの筋肉で目を開けようとしているんです。
この開け方では眼輪筋をあまり使用していないので、眼輪筋が衰える一方です。

まずは、自分が眼輪筋を使って目を開けているのか?コレを確認してみてください。
おでこにシワが出来ている・・・眼輪筋を使用していない事が分かったら、意識する事から始めれば、それだけでシワ、タルミの解消に繋がります。

次に、眼輪筋のエクササイズですが、瞼を閉じたままで眉毛を上に引き上げます。
その状態を5秒ほど保ち、ゆっくりと元に戻します。

この動作を数回繰り返す事で眼輪筋が鍛えられます。

ネットなどで見てもエクササイズは数多く出ています。
簡単なものから、難しいものまでありますので、自分に合ったエクササイズ方法を見つけるのも楽しいです。

眼輪筋が鍛えられれば目元のシワ、タルミ以外にも目をパッチリ見せる効果もあります。
目元のムクミにも良いので朝、目のムクミが気になる方にもオススメです。

エクササイズは数分で出来るので若々しい目元の為に毎日、行いたいですね。

目の下のたるみが軽度ならヒアルロン酸注入が効果あり

人間は目の印象でかなり変わりますね。
特に目元のシワやたるみが酷いと老けて見えますし、表情も暗くなってしまいます。

目元はハリがあるほうが若々しく明るい印象になります。

目元にはケアが重要です。

でも、面倒・・・簡単に解消したい!
そう思う方は整形などを思い浮かべますが、酷いたるみの場合は切開をする必要があります。

顔にメスを入れるのは怖いですよね・・・
傷が残ったら・・・失敗したら・・・
考えたらキリがない!

実はたるみが軽度の場合は切開しなくても良いんです!

目元のたるみはコラーゲン等の減少で肌の真皮層が痩せてしまい出来てしまうんです。
痩せてしまう事でくぼんでたるんで見えてしまうんですね。

このたるみはメイクなどでも隠すのは難しいです。

たるみが酷くなると目の下にクマが出来たような影も出来てしまうので疲れ顔にも見えてしまうので簡単に解消できるのなら、たるみを無くしたいですよね。

切開しないその他の方法はヒアルロン酸注入です。

ヒアルロン酸を皮内、皮下に注入する事で目元のボリュームがアップするんです。
目元のボリュームがアップすれば、ハリも復活します。
ヒアルロン酸を注入する事でこの、窪んでしまったたるみを内側から持ち上げてくれます。
内側から持ち上げる事でたるみは解消に向かいます。

しかもヒアルロン酸は人間の体に元からある物なので、体の中に入れても安全です。

ヒアルロン酸を注入する際には多少の痛みはありようですが、麻酔クリームなどで痛みに弱い方でも痛みを少なく注入が可能です。

更に目元は痛みを感じない方も多いそうなので、激痛に耐えると言う事もないです。
それに切開をする訳でもないので、傷も残りませんし、ヒアルロン酸を注入した日からお風呂もメイクもOKなんです。

その後に通院する必要もないのでバレずにたるみを無くす事が出来ます。

気になるのは、効果ですよね。

目元のたるみを無くすヒアルロン酸の効果は6ヶ月から1年位と言われています。
個人差もありますが、1年間の間たるみが無くなるのなら一度は試してみたいですね。

目の下に良いサプリはコラーゲンやヒアルロン酸がおすすめ

目元のトラブルは結構多いです。
顔の印象は目元でかなり変わりますから目元のトラブルは回避したいですね。

シミやたるみ、クマなど化粧で隠せるものもありますが、メイクにも時間がかかりますし
あると老けて見えるので、無くせるのなら無くしたいですよね。
隠すのは改善とは違うので一時的ですから根本から解決したいですね。

特に目元のたるみは、あると実年齢よりもかなり老けて見える可能性が高いです。
若々しく見せたいのなら、たるみをなくす為に何をすればいいんでしょうか?

目元のたるみにはコラーゲンが良い!
コラーゲンを取ればたるみが無くなる!!

そう思っている方が多いです。
確かに、たるみは体の中の弾力成分が減ってくるからたるみが出来ます。

その弾力成分にはコラーゲンも含まれます。

年齢と共に減少していく弾力成分を補うサプリメントも沢山あります。
ですが、基本的なケアも行わないと、いくらサプリで弾力成分を摂取しても効果が出ません。

またいくら高価なサプリや化粧水などを使用しても食事がジャンクフード等ではお肌自体も綺麗になりません。

目元のたるみに良いサプリにはコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が入っているものが人気です。

サプリと聞くと粒の物を思い浮かべますが、今はタブレットや粉のものゼリータイプがあるので
ゼリー状のものは好きなデザートに混ぜて食べる事も出来るので長く気軽に続ける事が出来ますね。

バランスの取れた食事も重要で食事でとれる弾力成分もあるんです。
食事だけで必要な弾力成分を摂取出来ればいいのですが、それは難しいです。

サプリと一緒にコラーゲンの多く含まれる牛すじ肉や手羽先など
一緒に摂取する事でお肌も綺麗になり、目元のたるみもなくなっていきます。

お肌にもっと気を使いたい方はビタミンCやビタミンEなども一緒に取り入れると
よりお肌がイキイキしますよ。

目の下の筋肉を鍛えることでたるみを防止、改善

年齢を重ねると気になるのが目元のトラブルです。
他のお肌に比べて、目元の皮膚は薄いためトラブルもとっても多いです。

特にシワは年齢の衰えに関係なく乾燥でも目元のトラブルは起きてしまいます。

特に加齢で気になるのは筋肉の衰えですね。
この筋肉の衰えでも目元のシワは出来てしまうんです。

乾燥の場合のシワは保湿をしっかりする事で防止、改善出来ます。
筋肉の衰えの場合は・・・目の周りの筋肉を鍛える事で予防、改善が出来るんです。

間の周りの筋肉が衰える事でシワだけではなく、タルミも起きてしまうので防ぎたいですね。

特に眼輪筋という目の周りの筋肉が目元の印象を決めています。
この筋肉が衰える事でシワ、タルミが起きてしまいます。

目をパッチリ見せたいと言う時にも、この筋肉を運動させる事でパッチリ見せる事も出来るんです。

簡単な眼輪筋の運動は目を強く瞑る、開く。これを繰り返す。
とっても簡単ですが、この動きでも眼輪筋は動いているので良い運動になるんです。

また目を上下左右に動かす事でも良い効果が得られるので試してみてください。

簡単な運動ですが多くやり過ぎる事は逆にシワを作ってしまう原因になってしまうので
やり過ぎないように注意が必要ですね。

簡単なストレッチで目の下のたるみを防止する

元のたるみは年齢と共に気になってきます。
加齢が原因と諦めてしまう方もいますが、年をとっても綺麗な方って沢山いますよね!

そういった方と、たるみが出来る方とは何が違うんでしょうか。

目元にたるみがない方はお肌が綺麗な方が多いです。
食生活やスキンケアがきちんとされているために、お肌に栄養が行き届いているんですね。

たるみが出来る方は筋肉の衰えや弾力成分が減少する事でおきます。

弾力成分は食事を工夫すれば体に取り入れる事が出来るんです。。
弾力成分の中には、コラーゲン等も含まれます。
このコラーゲンを補う為にサプリ等を飲む方もいますが、コラーゲンが多く含まれる
手羽先や煮魚などを食べればコラーゲンも摂取出来ます。

食事で中からたるみにアプローチしたら、今度は外からです。
目の周りの筋肉をストレッチし動かす事で筋肉の衰えも防止できます。

ストレッチも難しいものから簡単なものまで幅広くあります。

簡単な目元のたるみを防止するストレッチは、目を閉じて眉毛を上に上げるだけ。
これで、目元がスッキリしますし、たるみの防止にも役に立ちます。

ストレッチに目元のマッサージをプラスすれば、たるみ知らずの若々しい目元になります。

ストレッチはYoutubeなどでもUPされています、詳しく知りたい方、たるみを失くしたいと真剣に思っている方は参考に見てみると良いですよ。

正しい目の下のケアでたるみを無くす

お肌のケアはとっても難しいです。
洗顔やスキンケアなど自分で合っていると思い込んでいる人も多いですね。

特に他の皮膚よりも薄い目元のケアは間違ったケアを行っていると
目元にシワが出来たり、たるみが出来たり、シミなどの原因になってしまいます。

まず、目元のケアですが、洗顔後にどのように行っていますか?
洗顔後すぐにアイクリームをたっぷり塗っていませんか?

何もつけない状態で、お肌に直接塗っても効果は倍増しないんですよ。

勘違いしそうですが、化粧水や乳液でお肌を整えた後にアイクリームを付ける事でより効果を発揮します。

しかも、たっぷり塗れば効果が倍増!そう考えている方はNGです。
毛穴の詰りの原因になるので用量を守って下さいね。

目元にクリームを塗る時にも注意が必要なんです。
目元はデリケートです、クリームを塗る時やケアする時も優しく行わないとたるみの原因になってしまいます。
力を入れずに優しく塗り込む事でたるみやシミのない目元になるんです。

目元のたるみは正しいケアも必要ですが、目元のエクササイズも必要です。
エクササイズと聞くと、面倒、難しいと思ってしまいますが、目を開けたり閉じたりを繰り返すだけでも違います。

基本のケアを行った後に、眉を上に引き上げたり、目を強く瞑ったり、開けたりの簡単なエクササイズから始めて血行を良くし、目の周りの筋肉を鍛える事で
目元のたるみもなくなっていきます。

老廃物を取り除くのにクリームがオススメ!目の下のたるみを無くそう

他の箇所よりも皮膚が薄いのでトラブルが多いのが目元です。
乾燥、紫外線、加齢でシワやたるみが出来てしまって困っていませんか?

とくに、目元のたるみは、とっても目立ちます。
実年齢よりも老けて見えますし、たるみが無くなるならば無くしたいですよね。

たるみは、顔の筋肉の衰えや、お肌のコラーゲンが不足する事でおきます。
顔の筋肉のトレーニングで衰えた筋力は取り戻せますが、目元のたるみは中々戻りません。

ですが、たるみの原因を解消する事で、目元のたるみは解消できます。

目元のたるみを解消するのにも顔の筋力をトレーニングする事は重要です。
その他に、老廃物を取り除く事や、弾力成分である、コラーゲンを補給する事が必要です。

顔の老廃物を取り除く事で目元のたるみにも良いですし、顔全体がスッキリ見えるので
むくみが気になる方にもオススメです。

老廃物を取り除く方法としてマッサージがありますが、目元のたるみ部分にアイクリームでマッサージする事でたるみに効果があります。

少しクリームを温めて行う事で乾燥から守り、小じわの予防にもなり、マッサージも短時間で済みますので苦になりません。

逆に長時間のマッサージは逆効果になりますので、目元がポカポカするくらいでやめましょう。
短い時間で目元のたるみが解消されるのでリラックスしながら行いたいですね。

目元のたるみに効くサプリ

目元のたるみの改善には、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった肌の弾力を作ってくれる栄養を取ることが大切です。

皮膚の真皮の約70%がコラーゲンでできており、肌の潤いや弾力を産み、メラニンの生成を抑え、アンチエイジングの効果もあります。コラーゲンは牛筋や鳥軟骨、鳥皮などの皮や軟骨部分に多く含まれており、サプリメントで摂取する場合には、一日当たり5~10グラムを目安に摂取すると良いと言われています。

コラーゲンの生成に役立つ栄養素としては、ビタミンC、亜鉛、アスタキサンチン等があります。ビタミンCが不足してくるとコラーゲン合成が鈍くなってしまいます。そしてビタミンは水溶性のため、体内にとどめておくことができず、ストレスや喫煙などによって減少してしまうので、意識的に摂取することが必要です。イチゴやキウイフルーツ、オレンジなどの果物類に多く含まれており、サプリメントで摂取するときには1日当たり300~1000mgが目安です。

亜鉛は、300種類以上の酵素の生成に関与しており、新陳代謝を行う際に重要な働きをします。硬くなった古いコラーゲンを分解する働きもあります。亜鉛が不足するとコラーゲンの生成と分解が滞り、皮膚に柔軟性や弾力性がなくなってしまいます。

亜鉛は牡蠣や牛肉に多く含まれていますが、ストレスや偏食、食べ合わせなどによって不足しやすいのでサプリメントを上手に利用するのが望ましいようです。一日当たりの所要量は9~11mgで、30mg以上になると過剰摂取になります。

そして、コンドロイチン。これは、ヒアルロン酸と同じように真皮に存在し、コラーゲンやエラスチンなどの間を満たして皮膚の弾力を担っている成分です。コンドロイチンはサメの軟骨などに多く含まれているものですが、毎日手軽に摂取するならサプリメントを活用しましょう。

目元のたるみをカバーするメイク

たるみの解消には、表情筋のエクササイズ、保湿などの対策がありますが、さらにメイクでもたるみを目立たなくする方法があります。

まず、たるみを目立たなくするには、本来張りがあってほしいところには、ファンデーションを少しだけ集めに塗ると効果的です。

もちろん、塗りすぎは禁物ですが、薄づきよりもしっかりファンデーションが付いているほうがふっくら張りがあるように見えるのです。この時、パウダータイプだとたるみによってできたしわの部分がひび割れ、余計に目立ってしまうため、クリームタイプかリキッドタイプのものを筆などを使って丁寧に塗っていきます。

そして、注意しないといけないのは、顔全体が厚塗りになると効果がなく、薄づきの部分としっかりファンデーションが載っている部分の差があってこそのやり方であるということです。

顔全体をまず薄めに塗り、張りを見せたい部分だけに厚みを出すという方法が有効です。

このとき、ファンデーションの質感は、パール系よりもマット系のほうが柔らかく張りのある感じになります。パール系はどちらかというとシャープなイメージになりやすく、マット系で柔らかみを出したほうがたるみを目立たなくさせることができます。

そして、目の下のたるみに最も効果的なのは、ハイライトを使った方法です。ベースメイクの段階でコンシーラーで下まぶたを明るくすることもできますが、時間が経つと小じわが目立ってしまいます。それよりも、メイクの仕上げ段階でハイライトを重ねるようにすると効果的です。

この時も、パール系よりもマット系の質感のゴールドや赤みのある色のアイシャドウやハイライトを使います。

この時、たるんでいる部分に直接ハイライトを載せるとたるみが余計に目立ってしまうことがあるので、たるんでいる部分の下の陰にハイライトをかぶせるようにすることがポイントです。

そして、アイライナーは、たるんで目が腫れぼったく見えないよう、くっきりと入れます。黒さが濃いリキッドのほうが効果的です。切れ長な目にしたい時は目の上によりくっきり、たれ目を隠したい時には目の下にくっきり、目を大きく見せたいならバランスよく両方に入れるようにします。

目の上が腫れぼったく見えないよう、目の外側に部分つけまつげを付けるのも有効です。全体につけるよりも、部分づかいにしてできるだけ自然に見せるのがコツです。

いろいろなテクニックで女性の大敵、たるみを解消しましょう!

目元や頬のたるみを解消するには?

目元や頬のたるみは、老け顔の大きな原因の一つであり、女性の大敵です!

なぜたるみが起きてしまうのでしょうか?

まず、肌の弾力の低下により、真皮で肌のハリを支えているコラーゲンやエラスチンといった物質の質の変化や減少により弾力が失われることが原因です。

また、加齢によって腕や足の筋力が衰えていくように、顔の筋肉も衰えていくことでたるみの原因となります。

そして、体重が増えることによって、顔の皮下脂肪が増え、筋肉や皮膚が支えきれなくなるために下へとたるむようになることがあります。また反対に、無理なダイエットによって急激に体重が減少した場合にも、ピンと張っていた肌の皮下脂肪が急になくなることによって、表面の皮膚が余り、たるみが現れるようになります。

また、余分な老廃物などが頬にたまることで頬がむくみ、その部分がたるみとなることもあります。

そのほかには、夏の紫外線によるダメージ、ストレスによる活性酸素の増加、乾燥、女性ホルモンの減少などもたるみを招きます。

その他の生活習慣の中にも、たるみの原因となるものがあり、とりわけ喫煙は活性酸素を増殖させます。また、コラーゲンの生成や保持に必要なビタミンCも大量に破壊してしまうので肌の老化を進めてしまいます。

さらに、飲酒、睡眠不足や偏った食生活も肌を老化させていきます。そして、知らず知らずのうちにしてしまっている頬杖のしぐさや表情グセも原因の一つになります。パソコンなどの画面に長時間向かっていると、無表情になってしまい、表情筋が衰えてしまうので、たるみを招きます。

頬のたるみへの対策としては、原因に合わせた処置が必要です。

表情筋の衰えの場合は、ものをよくかんだり、鏡の前で大げさに表情を作ってみたり、口を大きく開けて話すようにするなどして、お肌のハリを取り戻しましょう!表情筋をよく動かすと、その振動で顔のリンパの流れも良くなるので、余分な水分や老廃物が押し流され、肌にハリが出てきます。

肌の弾力が失われていることが原因であれば、徹底的なスキンケアが必要です。特に乾燥はたるみの原因となるので、しっかりとした保湿が重要です。

老廃物がたまっていることが原因なら、リンパマッサージで老廃物を押し流すようにすることが有効です。マッサージするときには、クリームやオイルをたくさん使うようにし、皮膚に摩擦を与えないよう気を付けましょう。

頬は脂肪がつきやすい部分なので、意識的に鍛えておかないと、脂肪の重さで頬が垂れ下がってしまい、すぐにたるんでしまいます。頬だけでなく、口元までたるんでくるとほうれい線などもくっきり現れてしまいます。

目元のたるみも頬のたるみも、ともに大きな要因は表情筋の衰えであるため、普段から表情豊かにし、表情筋を鍛えることで、筋力を取り戻し、自然な形で頬や目元のたるみを解消しましょう!